<   2016年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

あらら、大変だ。

2016/12/31
キャビンの天井についていた、でかい蛍光灯型の照明器具を外しまして、小型のLEDライトに交換しましたが、その位置に見事なお穴様が・・・。これは、ルーフエアコンの吹き出し口のようですね。いつか、大改装して、取り外ししたいものです。
とりあえず、プラ板で応急的に塞ぐことにします。
縦45cm×15cmのプラ板2枚を両面テープでチョイチョイすることにしました。

f0376029_09295330.jpg


by hkdmomoya | 2016-12-31 09:37 | キャンピングカー | Comments(0)

搭載品の商品テストその1 


12/28に商品が届きました。
中国製です。
家庭のコンセントから充電します。
リチウムイオンバッテリー内蔵のようです。
太陽電池や走行中のシガーライターソケットからによる充電もでき、満充電になると、自動的に充電動作をカットするようです。
重量はおよそ5kgとのことですが、女性でも片手で持てる範囲内です。
気温が低いときの充電は禁止のようです。

初期充電におよそ10時間を要しました。
満充電でハイちゃんに持ち込みました。
車内キャビンの照明はすべて点灯することができました。
液晶テレビもOK
冷蔵庫やエアコンは、使えても超短時間であっという間に消耗しそうなのでやめておきます。説明書によると、「快速的に」減るらしいです。説明書の製作も中国サイドらしく、日本語がかなり変です。ただ、商品はしっかりしている印象ですし、家屋内での非常用電源としても頼もしい存在です。

次回、年明けには、実際の車中泊で長時間使用をテストします。
~のようです。と書いている部分は、未確認情報です。


by hkdmomoya | 2016-12-30 05:24 | 防災について | Comments(0)

実際の被災後の生活とは・・・(備忘録、いろいろな場所から転載)

水の確保が大変だった
 電気はさておき、水に一番苦労した。寿司屋や豆腐屋などには井戸があったのでもらいに行き、何とか飲料水はまかなえた。トイレの水は近くのゴム工場跡地に井戸があったのでバケツをひもで吊してとり、ポリ箱に入れ、台車にて運んで使用した。また苅藻川の水をポンプで汲み上げ、これを利用した箇所もあり、また、地下に溜まった水が一定時間で放水されるのを利用したりして用を足した。そのうちに給水車が来るようになり、救援物資とボトルも入るようになり一段落したがトイレ、洗濯の水はやはり不足した。

水が出なかったこと。水道が止まり、プールの水も消火活動に使い果たした。トイレの清掃が出来なかったのが苦しかった。雨水を貯め、使用したのを覚えている。冬なのでよかったが、夏場なら大変なことになったと思う。


重労働だった水運び
 水道の断水は風呂もさることながら、トイレ(想像以上に水がいる)のために日に数回(20リットルのポリタンク2個)の水運びをした。安全のためエレベーターを数日止めたこともあり、4階以上や年輩入居者には大変だったと思う。それに比べれば煮炊きや飲み水は量的にも大きな問題ではなかった。


トイレ問題
 集会所に避難したけれど、場所が狭いため大勢の人々を収容できずに困った。トイレが水洗のため、断水になり使用不能になり、屋外に穴を掘り排便をしてきた。


 一番困ったのがトイレであった。人数が多いこともあり、水洗トイレはいつも詰まった状態になるので教職員が汚物を手で取り除く作業をし、使用していた。この作業は簡易トイレが届くまで続いた。プールの水はヒビが入ったため、漏れてしまい使う事が出来なかったため、欠かせない作業であった。

 障害者のためトイレが利用できなかった。また、障害者用のトイレが、一般の住民利用に開放されたために、ほとんどの洋式トイレが使用できなかった。
 車椅子のため、移動する際に道が寸断され、車椅子が通れる道を探すのに大変だった。避難所が車椅子を使用している人間には非常に生活がやりにくかった。

避難所

幸い、100mほどの所に保育園がありました。調理場もあります。古い園舎でしたが、そのぶん、ガスの配管はむき出しで接続はゴムホースでした。つなぎ目に洗剤を溶かした水を塗り、ガス漏れがないことが確認できたので、保育園の調理場でおかずと味噌汁を作り、避難した3月12日から暖かい食事を続けることができました。


1)物資は見えるところに置く

「あります」と「ありません」を全員に知らせるためにすべての物資を見えるところに重ねておきました。

(2)役員は最初に物資を取らない

役員が決めたことに協力してもらうためには「役得」と思われないように行動する必要があります。ですので、役員が先に物資を取らないと役員会で決め、周知もしました。どんなに立派なことを言っても、「役得」だと思われたら、誰も耳を貸してくれなくなるでしょうから。

(3)決まったことの説明は全員が揃った時に行う

避難所にいる人たちのほとんどが、家族が行方不明になっていたり家が流されているために、捜索や片付けに行きます。物資が届くたびに配布していたのでは、物資の配分に偏りができます。ですので、いただいた物資はすべてステージや二階のギャラリーに重ねておき、今日は衣類の配布、明日は靴の配布などと、毎日夕方に時間を決めて配布しました。そうすることにより、食事の支度や全員での掃除の時以外は自由に行動できるようになりました。

(4)持ち物による強弱を作らない

まずは、携帯電話の充電器をすべて集めて、皆の携帯電話を事務局管理で充電しました。全員から借りると、DoCoMo、au、softbankのガラケーとスマホ用と全てありました(当時はガラケー率が8割くらいで、充電器も統一されていませんでした)。個人的に貸し借りしても良いのですが、毎回頭を下げて借りていると全体的に強弱が出てしまいます。私たちは、なるべく持ち物による強弱を作らないように心掛けました。




健康管理

足にできた血栓が肺の血管に詰まる「エコノミークラス症候群」は、避難生活で最も気を付けるべき病気のひとつです。予防には、定期的な散歩やマッサージが効果的です。

元の記事を読む
http://www.yomiuri.co.jp/matome/20160417-OYT8T50000.html#csidxecfdb70ced84f69a50c380522cfa7a5
Copyright © The Yomiuri Shimbun
足にできた血栓が肺の血管に詰まる「エコノミークラス症候群」は、避難生活で最も気を付けるべき病気のひとつです。予防には、定期的な散歩やマッサージが効果的です。

元の記事を読む
http://www.yomiuri.co.jp/matome/20160417-OYT8T50000.html#csidx4427353c6d619dfb92df81ec419c1ae
Copyright © The Yomiuri Shimbun

新潟大学病院の 榛沢はんざわ 和彦医師(血管外科)は、脚の静脈にできた血栓(血の塊)が肺の血管に詰まるエコノミークラス症候群を懸念する。車中や狭い場所での寝泊まりは特に注意が必要。呼吸困難などが起き命にもかかわる。

 「4~5時間ごとに歩くことが予防になる。歩けない人は周囲の人に脚部のマッサージをしてもらうといい」と榛沢医師。ふくらはぎのむくみは危険な兆候。包帯を巻くなどして脚の血流を良くしたうえで、医師らに相談する。


糖尿病や心臓病などの生活習慣病を持病とする高齢者は、普段の薬を飲み続けることが重要。金沢医大の森本茂人教授(高齢医学)は「薬が途切れると1週間で急激に症状が悪化する」と指摘する。薬を紛失したり、薬の名前を忘れたりした場合は、避難所の医療班に相談すべきだという。

高齢者や子どもは、健康管理に人一倍注意する必要があります。持病のある高齢者は普段の薬を欠かさず飲みましょう。

元の記事を読む
http://www.yomiuri.co.jp/matome/20160417-OYT8T50000.html#csidxa94a7b67fefb4a283c0ab2d02087359
Copyright © The Yomiuri Shimbun
足にできた血栓が肺の血管に詰まる「エコノミークラス症候群」は、避難生活で最も気を付けるべき病気のひとつです。予防には、定期的な散歩やマッサージが効果的です。

元の記事を読む
http://www.yomiuri.co.jp/matome/20160417-OYT8T50000.html#csidx68e29b68dc3a0fd8534c6733d4990b5
Copyright © The Yomiuri Shimbun
足にできた血栓が肺の血管に詰まる「エコノミークラス症候群」は、避難生活で最も気を付けるべき病気のひとつです。予防には、定期的な散歩やマッサージが効果的です。

元の記事を読む
http://www.yomiuri.co.jp/matome/20160417-OYT8T50000.html#csidxecfdb70ced84f69a50c380522cfa7a5
Copyright © The Yomiuri Shimbun
足にできた血栓が肺の血管に詰まる「エコノミークラス症候群」は、避難生活で最も気を付けるべき病気のひとつです。予防には、定期的な散歩やマッサージが効果的です。

元の記事を読む
http://www.yomiuri.co.jp/matome/20160417-OYT8T50000.html#csidx4427353c6d619dfb92df81ec419c1ae
Copyright © The Yomiuri Shimbun






このページも適宜、書き加えていきます。




by hkdmomoya | 2016-12-29 03:23 | 防災について | Comments(0)

本気で防災対応やってます。

 今回のキャンピングカーの準備は、このブログの最初に書いた通り、災害時への備えです。

自宅にいて、災害にあって、そこで死んじゃった時は仕方ないですけど、生き残っちゃったときに、なんとか踏ん張れるようにという準備なのです。12月22日にあった新潟県糸魚川市の大規模火災を目の当たりにして、なおさら強い思いを持ちました。
 
ハイちゃんへの搭載品は、今何かがあっても大丈夫なようにという強い思いで準備しています。

まず、ハイちゃんの定置場ですが、実家にほど近い高台の駐車場を友人から借りました。
地盤がよく、よっぽどのことがない限り、崩落や近隣家屋の倒壊などがない場所です。自宅前よりもずっと安全です。そして、ハイちゃんは、自走可能なストッカーと化すのです。
では、何を搭載しておけばよいのか・・・実際は、考えるのも楽しいものです。
水、食料、電源、暖房器具、燃料、炊事用品、トイレ関連、ワンコのご飯、ワンコのトイレ用品・・・・・
これらは、以下のページにまとめてありますので、参考になさりたい方はご覧くださいませ。(一部、アフリェイトの仕掛けがございます。ご了承ください。)















by hkdmomoya | 2016-12-27 06:54 | 防災について | Comments(0)

コストコ

そういえば、コストコの駐車場でも随分とキャンピングカーを見かけるようになりましたね。
f0376029_08370772.jpeg



ハイちゃんも、コストコ札幌に時々出没すると思います。お見掛けしたらよろしくです~

by hkdmomoya | 2016-12-25 08:44 | キャンピングカー | Comments(0)

あ、発電機はどうしようと、悩んだ結果・・・・

ハイちゃんに標準搭載されていた発電機は、寿命を迎えたのでしょう、取り外されていました。
このため、AC220V駆動のルーフエアコンは無用の長物となり、その代わりに家庭用エアコンが積載されています。
これを駆動させるためには、外部からのAC100V電源か、汎用発電機による電力供給が必要なのですが、それを載せるスペースがありません。

で、ひらめいたのがこの方法です。

f0376029_16262590.jpg
都合よく、ヒッチホールメンバーシステムはついていましたので・・・
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[新車:お取扱い中] ソレックス Agrex KC250
価格:399000円(税込、送料別) (2016/12/25時点)




このカーゴトレーラーに発電機を載せて引っ張ろうと計画中です。



こういう発電機が積載可能です。スペースがあれば、大型のクーラーボックスやキャンピングツールが積み込めますので、ハイちゃんのキャビンはひろびろ~となるはずです。ついでに、従来の発電機が積載されていたスペースは、トランクスペースになります。
by hkdmomoya | 2016-12-25 07:39 | キャンピングカー | Comments(0)

ハイちゃん、おかえりなさい、そして厳冬の朝

ハイちゃんが修理工場から帰ってきての3日間、函館は雨でした。それも、暴風雨。
そんな中、自宅前で、キャビンの整理やら掃除などをして、定位置の駐車場に戻した翌日、函館は厳寒の朝を迎えました。画像はその朝のハイちゃん。
f0376029_16260300.jpg
もしも避難生活の折、こんな寒い朝を迎える日があったら・・・大変です。
キャビンには強力な家庭用エアコンがついていますが、発電機もしくは、AC電源がなければ使えません。
発電機はいずれ、小型カーゴトレーラーを用意して積み込む予定。
暖房用にLPGストーブが積載されていますが、これもAC電源が必要なタイプです。
それで、カセットガスボンベで稼働するガスストーブを2台用意します。実験したら、1台でもそこそこの温かさでしたので、2台あれば大丈夫でしょう。屋外専用となっているのは、換気をしないと危険だからです。ほかのどのストーブだって同じことです。下段は、イワタニの製品で、屋内用となっていますけど、燃料も燃焼方式も同じはずです。換気には気を付けましょう!!




また、キャビンドアの鍵穴が凍り付いていたので、これも用意しました。




by hkdmomoya | 2016-12-24 16:35 | 防災について | Comments(0)

ハイちゃんの実装兵器(といいながら、兵器ではない。毎日書き足しページ)

その1
キャビンの照明を替えます。
蛍光灯シーリングから、LEDミニシーリングライトへ。そしてそれをリモコン化します。これで大幅に省エネです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ドウシシャ LED小型シーリングライト TN-CLL-L 電球色
価格:2540円(税込、送料別) (2016/12/22時点)




その2 トランシーバー
 全長6.5mのハイちゃん、駐車などでのかみさんの誘導が不可欠です。それには、これが便利だと、はたと気づきまして・・・。
このトランシーバー、乾電池式なので、繰り返し充電できるタイプの電池もいっしょに。




その3 インバーターですよ。シガーライターソケットを電源として、100v交流の機器をつかえるという優れモノ。ただし、使用する機器類の消費電力をきちんと把握して使用しましょう。ハイちゃんでは、キャビン照明の一部とテレビおよびPCが使えると見込んでいます。まだ、実験してませんけど。大丈夫と思います。ただ、ソケット接続部の配線には注意が必要です。ショートなんかしちゃったりすれば、車両のエンジンコンピューターなどに影響が出る場合があるので、信頼のおけるメーカーを選びましょう。


その4
補助電源装置 
理想的には、走行中のオルタネータからの余剰電力を高性能補助バッテリーに蓄えて・・・なのですが、システム構築にはかなりの資金が必要です。そこで、当面の間は、これを使用してみます。数時間の車内照明やパソコン駆動には使えそうです。




そして、上記機器に充電できる太陽光発電モジュールもセットで!!


其の5  厳冬期の暖房、カセットガスストーブ、そして一酸化炭素対策!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イワタニ カセットガス ファンヒーター 『風暖』 CB-GFH-1
価格:24800円(税込、送料別) (2016/12/31時点)






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

D.O.D(ドッペルギャンガーアウトドア) キャンプ用一酸化炭素チェッカー ブラック×シルバー CG1-478【あす楽対応】
価格:10800円(税込、送料別) (2016/12/31時点)


<

其の6 炊事にはこれが最重要!! 圧力鍋です。
ハイちゃんには、LPGガスボンベが搭載され、ガスコンロやガスオーブンが装備されていますので、炊事には事欠かないのですが、燃料の節約のためにはこれが欠かせません。これでご飯も簡単に炊けるのを皆さんはご存知でしょうか?怖がることはありません。使ってみましょう!!簡単な煮炊きから、炊飯、揚げ物まで、これ1個でできます!!




其の7 ソーラー充電による入口灯 キャビン入り口上部にこれを二つ。防犯にも威力!!





by hkdmomoya | 2016-12-22 13:37 | 防災について | Comments(0)

ハイちゃん搭載品リスト

災害対応を主目的としたハイちゃんの車内装備品です。(断片的に毎日書き足していくこととします。)

其の1 飲料水(15年保存水2リットルペットボトルで6本と、通常のナチュラルウオーター500ml×10)冷蔵庫に保管しますが、冷えてはいません。これは常備品。これのほかに、お出かけの際は10リットルポリタンクを用意します。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【15年保存水】カムイワッカ麗水2リットル12本
価格:6480円(税込、送料別) (2016/12/22時点)






其の2 レトルトカレー
 災害にあったときに心強い味方がこれだと思う。んで、できるだけうまそうなやつ。で、この3種をチョイスしてそこそこの数を搭載する。






其の3 アルファ米 炊事もできるので普通のお米も用意はしますが、これは、防災上、必需品でしょう。




其の4 忘れてはならない,下の世話。これも必需品


其の5 ワンコのご飯
通常、キャビンにストックしておいて、家で使う分は定期的に車から運び入れるようにします。そうすればおうちの中もすっきり。そうです。キャンピングカーは、ストッカーの役割も果たすのです。
ちなみに、うちでは次の2種類。



其の6 必需品でしょ、カセットガスボンベ。とりあえず、15本を積載します。

其の8 とりあえずのカップ麺。いろいろな種類を準備。

其の9 缶詰類 缶切りも忘れずに!!

これは、贅沢かもね。



by hkdmomoya | 2016-12-22 13:13 | 防災について | Comments(0)

ハイちゃん、帰ってきました。

修理を終えて、帰ってきたハイちゃん、キャビンをいろいろ探っていたら、こんなものが出てきました。どうやら、サブバッテリーのようですが・・・使い方がまるでわかりません。今、大阪の友人に尋ねているところです。使用できれば、心強い味方になるのですが・・・・。

f0376029_11322973.jpg
f0376029_11323537.jpg
f0376029_11324246.jpg
f0376029_11323805.jpg

by hkdmomoya | 2016-12-22 11:33 | キャンピングカー | Comments(0)

海辺の町に住み、妻と犬2匹。犬と一緒なので自治体が発した避難勧告にも対応できず、突然、ひらめいた。そうだ、キャンピングカーだっ。


by hkdmomoya